株式会社二見
会社概要
事業内容
事業系ごみ
機密文書
出張サービス
環境方針
問合せ
問合せ
 


環境方針

株式会社二見は再生資源の分野で長年にわたり古紙を中核としたリサイクル事業を

展開してきた。

市民生活と企業から排出される古紙や廃棄物及び動植物性残渣の再利用を促進する

ことで循環型社会形成の一翼をにない、地球規模での環境保全に献身出来る事業を目指す。

1. 各自治体と提携して、事業者及び市民の日常生活に有効な環境保護活動としての
廃棄物の適正処理と古紙及び動植物性残渣のリサイクルを促進する。
2. 公私にわたる事業系の個人情報の保護のため、製紙原料としての有効利用の見地か
らRDVシステム(裁断)・溶解システムの有効活用で機密書類の資源化を図る。
3. 紙管の中間処理をはじめ、加工技術を向上させ紙関連事業者と共に古紙の再利用率
を高める努力をする。
4. 食品廃棄物の中間処理を通して、健康的で安全な、農作物を育てる特殊有機肥料と
して再生利用を図る。
4. 社内の環境管理体制を整え、廃棄物の適正処理及びシステムの継続的な改善と汚染
の予防を進めると共に顧客の環境改善ニ−ズに応じる。
6. 関連する環境の法規制及び当社が同意するその他の要求事項を遵守する。
7. 環境活動にあたり実施可能な範囲で達成すべき環境目的・目標を定め、その推進と
維持に努め、見直しを行う。
8.

環境方針を文書で公開し、組織で働く、又は組織のために働くすべての人に周知徹底
させ、社外にも公表する。

     
    2006年1月6日
    株式会社二見
    代表取締役 須長 勇太